2:22 見つけたよ

 

こういったコラボなんかで

二人の歌声

違うな・・・

歌声だけじゃなくて

 

 

エネルギーが

すり合わさり

スパークする瞬間を

みてしまった時

 

 

あ〜〜〜

歌手じゃないから

音楽家じゃないから

こんな「瞬間」を

味わえないんだって

もどかしく感じていた

 

 

そして

英語に再度取り組み

ただ

コミュニケーションを取るだけのツールだった英語が

 

 

このスパークを体験できる

物に昇華しようとは

誰が想像したのか?

 

 

入り口は何でも良かったんだ!

 

 

それを「大切と」想える者達が集う場所

そこには清らかなエネルギーが蓄積され

 

 

そして

その清らかさは

それは

・料理でも

・ダンスでも

・ファッションショーでも

 

 

そして

英語を学ぶ時間でさえも

スパークへの道

 

 

これが

「求道」の

本来の意味ではないのか?

もしかして?

 

 

愛しく想う「何か」を追い求め

「それ」を大切に扱う者たち

 

 

「それを追い求める気持ち」=「求道」

 

 

字・・・

そのまんま? 

 

 

天使がその辺にいるなら

どうぞ聞いて!

 

 

この気づきに

私はドキドキしてます