芥川龍之介:杜子春(朗読)

 

杜子春にとって

価値あるものに

触れた

 

 

サンクチュアリーを

見つけた

 

 

おめでとう