順番が逆でした、の、巻

 

 

自分の「ピン」が明確になれば

そこにたどり着けるんだと思ってた

 

 

「そこ」とは

「どこ」なのか

「それ」なのかも知らないから

 

 

知らないからこそ

妄想想像が膨らみ過ぎて

 

 

とてつもなく

素晴らしい

杜子春が追いかけたような物だと

憧れ続けていたけれど

 

 

どこかに辿りつくための

「ピン」な指針は

どこか素敵な場所にたどり着くための

行先を指し示すランプだと思っていた

 

 

だけど

実は

 

 

それそのものが

ゴールだった気がする

 

 

もうどこにも行く必要はなく

探しに出かける必要もなく

そこから

それから流れ出して来るものを

 

 

愛着のある庭の手入れをするような

暖かな

日常使いな感覚で

共に育って行けば

それで善し