精神分析学 

 

 

リビドー

タナトス

リビドー

タナトス

リビドー

タナトス

リビドー

タナトス

 

 

行ったり来たり

 

 

 

疲れたよ〜〜〜涙

疲れたけど

近づいたよ〜〜〜

 

 

万歳

 

 

「リビドー(生の本能)」と「タナトス(死の本能)」の狭間

 

精神分析学の観点から[編集]

精神分析学ではリビドーを、様々の欲求に変換可能な心的エネルギーであると定義している[2]。リビドーはイド(簡単にいえば無意識)を源泉とする。にまつわるものだけでなく、より正確には人間の性を非常にバラエティに富んだものへと向ける本質的な力と考えられている。リビドーが自我によって防衛・中和化されることで、例えば男根期の露出癖が名誉欲に変わるなど、社会適応性を獲得する。また支配欲動が自己に向かい厳格な超自我を形成して強い倫理観を獲得することもある。

リビドーは非常に性的な性質を持つとして見られる一方で、全ての人間活動はこれの変形としてフロイトは理解している。特に文化的活動や人間の道徳的防衛はリビドーの変形したもの、もしくはそのリビドーから身を守るために自我が無意識的に防衛したものとして理解されている。芸術科学の活動も、リビドーが自我によって防衛され変形したものである。