グロテスクなアートワークと化物の子

小学生男子の手作り粘土WSの

イベントを担当した時

 

 

参加男子が

ここぞとばかりに

グロテスクな粘土細工を創って

盛り上がっていた

 

 

悪ふざけかなと思いつつも

 

 

『いいやん!

好きに創っていいよ」と

まぁ

いい大人ぶって

声をかけると

 

 

その

グロテスクぶりや

男子のテンションが

上がりに上がって行ったので

 

 

「自由に」を見守る大人は

大変だなぁと

理解ある大人風な自分に

手を出してのを

後悔したのは本音笑

 

 

だけど

押井守監督の作品を見て

 

 

「俺の中の獣を認めて」って情報を

作品の中から

キャッチしたような気分の後

あの時の彼らの行動を思い返すと

 

 

きっと

しばらく

もしくは

とことん

 

 

彼らのグロテスクな作品創造を通して

彼らの内面の開示できないグロテスクを昇華する作業が

終わると

 

 

グロテスクの向こう側にある

また別の表現が

現れてくるんだろうなって

理解に至ることができた

 

 

いつか

あの

グロテスクを認めてあげた

わずかな時間が

彼らのポジティブなパワーに

繋がっていたら

嬉しいな